2020年10月23日(金)/いまは動じない

去年、結婚できないことをネタ化していた中年独身芸人たちが相次いで結婚した時、別に彼らのファンというわけでもないのにヒリヒリしてしまった。

 

その時の自分の心模様のキモさをフックにして、能町みね子さんの『結婚の奴』の感想を書いた。知り合いの本屋さんのフリーペーパーに載せてもらったんだけど、もっと自分のキモさを焚き上げたくていつかウェブにも載せたい。

 

そんな自分だけど、ナイナイ岡村結婚のニュースには、なぜかヒリヒリもざわざわもしなかった。岡村さんがどうこうと言うより、自分のなかの変化だと思う。具体的に、何か明るい兆しがあるわけではないんだけど。いくら芸能人とはいえ、こんなに大きく報道することなのかなぁって言う、つまんない普通の感想は持った。

 

***

 

重すぎてオンライン上でやりとりできなかったデータを預かるため、池袋へ。少し早く着いたので、サンシャイン近くのカフェドクリエに寄ったら、思ってた5倍広くて不思議な感じ。「池袋のカフェドクリエ、広い」とツイートしたけど、正気に戻って消した。

 

自分のなかに湧き上がったものを、ぱんぱんと消費することに危機感みたいなものを持って、Twitterとの距離の置き方を模索している。どんなにくだらないことであっても、一旦は自分のなかに寝かせて、熟成してから味わった方がいいような気がして。とりあえず、数週間前にアプリは消している。

 

***

 

夜、家でご飯を食べながらテレビを見ていたら、ドラマの番宣的なやつで、出演女優さんたちが柴門ふみの自宅訪問をしていた。最後の方に、柴門さんがそれぞれの女優が演じるキャラの原画をプレゼントしたんだけど、その直後くらいに吉田羊が泣き始めてしまった。安住アナがどうしたのか聞くと、涙を拭いながら「コロナを経て、こうやってお仕事を頂けて本当にありがたいなと思って……」と。

 

芸能界で何が起きているかなんてわかるはずもない。だけど、最近のいろいろを考えてしまう涙だった。いまから何十年か経った時、私たちには目の触れない場所で何が起きていたのか分かったりするんだろうか。